自分らしさ脳コラム

こぼしたこと(失敗)ではなく、〇〇を叱る親で在りたい

右脳活性で人生をより自分らしく、より豊かにする♪
藤井康之です♪♪

晩御飯のデザートで、
あんことしらたま~~\(^o^)/

ふぅ~~~!!!

っと子どもたちが盛り上がりまくり♪

お皿に入れたあんこをワサワサと
我先に食べようとして、
テーブルにあんこがポトリとこぼしました!!

こぼさないで!!
キレイに食べないとダメでしょ!!

と、妻が子どもたちに若干怒り気味で伝える。

その気持ちもわかる。

ただ、
その繰り返しをして育っていくと、
こぼす=失敗する
ことをすると、怒られる。

いうことになってしまうのではないかと感じたのです!!

というか、
そういう繰り返しをめっちゃされてきた人って
多いと思うんです!!

特に、日本の教育的に、
よいものを伸ばすより、
悪いものをなくす。

ということが強いように、
失敗しないようにという脳になっていく!

なので、
自分がどうしたいという自分軸より
周りの目が気になりやすくなる他人軸につながったり。

だから、
こぼしたことを怒る、叱るではなく、
こぼしたことをそのままにしていることに対して、
叱るをいうことをできる親で在りたいな~!

と感じた次第です( ̄▽ ̄)

失敗することが悪いのではなく、
それをそのままにする。
自分で責任をとらないということを叱る。

そうすると、
失敗は取り戻せる。
大事なのはそのあと!

という風に育っていくんだろうなと(^^)/

僕自身もそういう状態に
子どもたちもそういう状態に
なっていきたよね~、やっぱ♪

そのためにも、
子育て世代の親が、大人が、
自分らしく生き生きと!
右脳活性していくことが、
子どもたちのためにもマジで大事だわ!

って思うのであった!

子育てママパパ、そう思いません?(笑)

誰かの人生ではなく自分の人生を生きよう♪

自分らしく生き生きとしている人の脳の使い方
解説動画をプレゼント中!
LINE登録後、スタンプを押してください(^^)

自分らしく生き生きと生きるための
脳の使い方、右脳活性のヒントを
公式LINEにて毎週配信中(^^)

☆☆☆☆☆
人生が劇的に自分らしく楽しめるようになる
脳の使い方3つのポイント
無料配信中!こちらから↓↓

お問い合わせはこちらから